<< w-inds. Live Tour 2015“Blue Blood”開幕! 松戸レポ☆ | main | 神戸、大阪レポ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
市川レポ(曲レポが主です)
公演からちょっと時間があいてしまいましたが……
市川公演のライブレポですー!!!

といっても、ライブのパフォーマンスの流れのレポートや感想が、主なものになります。
MCはおまけ程度にレポっているのみです。

ひたすら私がカッコいい、楽しい、を繰り返しているだけの文章になりますが(笑)、よろしければどうぞ☆
ネタバレもがんがんしておりますので、ご注意下さいませ。



それでは、以下になります!





1・Beyond The Blue World

Beyond The Blue World〜♪
というイントロと慶太くんの歌声とともに幕が上がり、w-inds.が登場!

今回のステージは、言葉で物凄く説明がしづらいんですが……人が一人居られるくらいの小さな階段がいくつもあるようなステージで。
イメージとしては、雛壇みたいな感じかな?!

その一番上の階段に、三人!。
三人とも黒いスーツを身にまとっていました。カッコいいです。
そしてw-inds.の三人を取り囲むように、ざざーっと下段にホーン隊とダンサーさんが。
ダンサーさんも金管楽器を持ってポーズを取っていました。

たくさんの人たちに囲まれているw-inds.が、王子様みたいでカッコいいし(頭悪い表現ですみません)
階段の淵は小さな電球がたくさん飾られていてキラキラしているし、ステージの天井にはシャンデリアもあるし、で、すごく華やか!
華やかだけど品があって、まさに『Blue Blood』というタイトル通りの高貴な雰囲気で、ドキドキするーっ!


そのままの状態で、w-inds.がイントロのワンブロックを歌います。
カッコよさと、w-inds.のライブが始まった!と高まっていく気持ちとが、もう。なんというか。なんというか!!!
震えそうになるこの感覚すごすぎて。


感動していると、間奏でw-inds.三人ともが口を開き、
「今日は来てくれてありがとう」「最後まで楽しんでいってください」
的な挨拶(←記憶が曖昧なので、言葉自体は絶対間違っていると思いますが、そんな感じの意味の挨拶だった)をしてくれます。


「SAY YEAY!」と、何回かコール&レスポンスもあり!
そしてAメロに入っていき、w-inds.を囲んでいたホーン隊とダンサーさん達が、それぞれの立ち位置に散っていき。
ホーン隊さんは演奏、ダンサーさんは楽器を持ちながらダンス!

w-inds.も階段を降りていき、ステージの前方へ。
階段の降り方も、なんだか優雅な気がした。はーっ、カッコいい!
階段を降りきった時に、龍一くんが敬礼をしてくれるんだけど、その姿もカッコよくてたまらない!
この敬礼、毎公演やってるから、きっと龍一くん的恒例なんだろうなー。カッコいいなー。はぁ。


三人ともが階段を降りきったら、並んでダンス。
メロディにあわせて、ゆるーく踊っている感じでした。

大サビに入る前の間奏の部分では、ファンを煽って拍手させるような演出も。
これ、すごく高まった〜!!!


一曲を歌い終わった後、曲のアウトロでも、もう一度w-inds.の三人から、今日は来てくれてありがとう的な挨拶がありました。
一曲の中で二箇所で挨拶するの、珍しいね?!
ていうか私が知っている中では初めてだったから、びっくりした!



2・Million Dollar Girl

FANTASYのカップリング曲から。
二曲目からアルバム曲でもシングル曲でもなく、カップリング曲というのが、w-inds.らしいというか。

この曲、好きだから嬉しかった!
ダンスはまたせたなイベントの時と、同じダンスで、このダンスも好きー!
やわらかい雰囲気なのに、がっちり踊っているところとか。カッコよかったです。



3・Make you mine 〜Trident Rap Edition〜

前作アルバムTimelessからー!
最近のw-inds.のお気に入りの曲なので、よく考えれば全然おかしくない選曲なんだけど、個人的に意外だった。
前作のアルバムというかライブで歌った曲を、また歌うっていうのが、ね。

ラップありバージョンだったのですが、道産子のラップの部分は、やっぱりカッコいいし最高!
客席を煽る感じでの歌い方というか体の動かし方というか、そんな龍一くんに煽られて、テンション上がるしかない。
みんなが客席で振っているペンライトも、振る位置がやや高くなっているのが分かって、一層楽しくなっていく♪
それが分かる位の後方の座席だったのは、悲しいけどねー!笑



4・ブギウギ66

おおおーーーマジかーーーこの曲かーーー!!!!

個人的な思い入れもある楽曲ということもあって、大好きな曲ですありがとうございます嬉しすぎました。
しかもこの流れでこの曲披露とか、涙が出そうなくらいカッコよすぎて、もう大変!

そして感じるホーン隊が入ったことによる増したカッコよさ。
上手く表現できないのがもどかしいんですが、生音感がヤバイというか!迫力あってすごかった!
ライブで何回も見たことがある曲のはずなんだけど、だからこそ違いが分かって感激した。はぁ、好き……。

ちなみにこのライブでのシングル曲は皆そうなんだけど、1番2番のAメロが道産子ソロパートになってました。
道産子の歌声とか、愛しすぎる。


基本的に前半は踊ってなくて、後半がっつりPVと同様のダンスを踊る、という感じだったんだけど、間奏では涼平くんのソロダンス披露が……っ!
片手ラビットと、あと何ていう技名が分からないけどいつものくるくる回るブレイキング!
カッコよかったです。


しかーし!多分演出の都合上からだと思うんだけど、大サビが……すっ飛ばされていた……。悲しい……。
この曲の大サビ、ダンスも好きだし、慶太くんの伸びるような歌声も大好きだから、せっかく披露してくれるなら見たかったなぁと思いました。残念!



5・Midnight Venus

おおおーーーマジかーーーこの曲かーーー!!!!(二回目)

この曲も大好きな曲だけど、アルバム曲、しかもアルバムのタイトル曲とかではない、ただの収録曲のため、もう二度と生で聴けることはないと思っていたよ。嬉しすぎる(T_T)

聴いていて、THANKSツアーのことが走馬灯のように蘇って、初日は涙腺やばかったです。
あの頃も全力でw-inds.が大好きで楽しかったなぁ、とか。今仲良くさせていただいているお友達も、この頃に知り合った方が多いし、、、最近姿を見ないあの人はきっとファン辞めてしまっているんだろうけど元気だろうか。とか色々。


この曲に入る前の、つなぎの音楽もちょうカッコよかったです。
一聴しただけだと、Midnight Venusと分からないような。だけどカッコいいし。そしてダンスは可愛いし。
そう、ダンスが本当可愛いの……ひょこひょこしてるダンスで。何なんだろうあの可愛さ。やばかった。
なんだか本当に素敵で、素敵すぎて、訳わかんなかった。


All Around The World,〜♪
の部分をファンに歌わせるのとかも、当時と同じで、もう……!(感涙)

長年w-inds.ファンをやっていて良かったなぁと思ったし、こういう瞬間があるからw-inds.ファンは辞められないんだよねぇ。



6・134

この曲はダンスはなしで、三人がステージの端から端までを移動しながら歌う感じでした。

アルバムで聴いた時に私がイメージしていたそのままの雰囲気で歌ってくれたのが、嬉しかったなぁ。
曲全体で流れている雰囲気が爽やかで心地よくて、癒されました。



7・I'm all yours

はぁ素敵……と思いながら134を聴いていたら、気がついたらこの曲になっていた、という感じ。
それくらい、つなぎの音楽が自然でした。びっくりした……。


この曲は、スタンドマイクを使っての披露でした。
134まではステージ前方でパフォーマンスしていたんだけど、階段の真ん中ぐらいの位置のところで三人並んで、歌ってた。

この曲でスタンドマイクとか、反則ですよね?!
カッコいいに決まってるじゃん!あぁカッコよかった……。w-inds.カッコいい。好き……!
スタンドマイクを前に、リズムを取っている動き(?)が、また素敵でカッコいい〜*



MC



8・Sweetest Love


わっ!歌ってくれた!
FANTASYのカップリングから。
歌ってくれると嬉しいなぁ〜と思っていたけど、本当に歌ってくれて感動。
この曲、とても好きなんです。

このぐらいの音域の曲を歌う慶太くんの歌い方が、私は一番好きだなー。
聞き惚れた!


そしてダンスが想像以上の可愛さで、悶えた!
また三人がステージの前方に出てきて踊ってくれたんだけど、全体的に歌詞にあわせたダンスだったなぁ、という印象。
ため息とかハートとかを手で作ったり、投げキスをしたり……とにかく可愛い!
w-inds.の三人が真ん中で肩を組んで、その両脇を固める感じでダンサーさんも肩組んで、全員で肩を組んだまま一塊で移動するシーンもあって、それも可愛かった〜!



9・Show You Tonight

慶太くんが中央でギターを弾き始めて……!
一瞬ソロコーナーが始まるのかと思ったけど、違ってこの曲だった〜。
意外なパフォーマンス!この曲でまさかこうくるとは!
ギターの音がすごく映えてカッコよかったです。

道産子はダンサーさんと一緒に踊っていたんだけど、階段をうまく使っていて、座りながらのダンスとかもあって、カッコよかった。
中央でギターを堂々と弾きながら歌う慶太くんもカッコよかったし、素敵でした。



10・Cat Walk

この曲のダンス、すごく面白かった〜!
まさにウォーク!って感じ!(…)

ちょうど Cat Walk♪って歌詞のところで、ウォークって感じのダンスをしていたんだけど。
ダンサーさんも含めて全員が同じダンスを揃って踊っていて、迫力があったし……全員でそのウォーク!って感じのダンスをするのが、なんというか圧巻でした。
あとこのダンスの時の、太ももが素敵だった。(…)


曲の最後には、三人それぞれがスポットライトで順番に照らされて、その中で披露するソロダンスもあり!
カッコよかったです。



11・The Right Thing

慶太くんが中央でピアノを弾き始めてのこの曲だったんだけど、まさかこの曲をピアノでやるとは思っていなかったので、驚きました。
想像すらしていなかったパフォーマンス!
でもこのパフォーマンス……イイですね!!!

道産子のラップがメインの楽曲だけど、慶太くんがピアノを弾いているから、三人が主役!って感じがするのが、好きだなぁと思いました。


道産子はそれぞれのパートの時に、それぞれソロダンスを披露!だったんだけど。
龍一くんはダンサーさん三人を引き連れてカッコよく踊っていて。
涼平くんは一人で椅子を使ってダンス、離れたところに一人ダンサーさんもいる!って感じでした。

椅子のパフォーマンス、印象的でした。
涼平くん、The Shotでもしていたけど、椅子の前で踊った後に椅子にのぼって、椅子の背中の方向に倒れる!みたいな(←分かりづらい説明ですみません)



12・CANDLE LIGHT

慶太くんはピアノを弾いたまま。

そうそう、ピアノはこういう曲でというのを、想像してた!笑

慶太くんがピアノを弾きながら歌っている横で、道産子はピアノの上に置いてあるキャンドル(フェイク)を持って、階段をのぼり。
AメロBメロを歌い終わったところぐらいで、ちょうど階段をのぼりきるんだけど。
そしたら慶太くんが、演奏をやめて。
会場中がしーん、と静まり返って。
暗くて静かな中、会場中にはしる緊張感。。。

で、しばらく静かだったところに あなたがほほえむ場所♪ と、慶太くんが歌い始めると同時に。
道産子が歩いて通ってきた道にキャンドル(フェイク)の灯りが点って……!
しかも、いつのまにか下りてきていたシャンデリアの電気も点いて……!
もーキレイすぎてすごかった!!!
それまで真っ暗だったステージが、いきなりキラキラと輝いて、眩しくて。

そんな中で歌われるこの曲は、すごくロマンチックで、幻想的で、美しかったです。



ダンスブリッジ

w-inds.は一旦はけて、ダンサーさんのダンス披露!
加えて、ホーン隊さんたちのソロ演奏もあり。

今年からダンサーさんも一新されたということですが、ダンサーさんたちのダンスもカッコよかったです。、
最初は四人のダンサーさんそれぞれのソロダンス→四人揃っての集合ダンス、というもの。
ソロダンスでは、道具を使ってのダンスをされている方が多かったです。
新聞を使ったり、ステッキを使ったり、ジャケットプレイしたり……。

今年のダンサーさん、全員新しい方に変わりましたが、全員がカッコいいですね。カッコよかった!好き!



13・SUPER LOVER 〜I need you tonight〜

w-inds.が着替えて登場!
三人ともスーツですが、メンバーカラー(慶太くんは赤)のスーツを着ていました。
色が暗めのスーツですごくカッコよかったけど、道産子は遠目だと光の当たり方によっては黒にも見えて、ダンサーさんと混じって見えた!笑


ちゃんとHi, baby!から始まったよ!

階段の一番上からの登場だったので、最初はダンスはなし。
階段を降りてきて、後半は踊ってくれましたー。


慶太くんが好きな曲ということで、一時期はライブでやたらと連発していて正直もう聞き飽きたよ!と思っていた曲でしたが(暴言)、なんだか久しぶりに生で聴いた気がした。
久しぶりに聴くと、やっぱり良い曲だな〜と思いますね。
加えて、今回のライブツアー、Blue Bloodの楽曲たちの中に、違和感なく感じた。


この曲では、曲の後半、
愛の花咲くかな?〜♪
Ain't no 罠!〜♪
の部分を、ファンに繰り返しで歌わせるという演出がありました。

初日にライブ参加した時は、正直w-inds.がどこを私たちに歌わせたいのかがよく分からなくて混乱したのですが。
(繰り返して歌うべきなのか、続きを歌うべきなのかが、分からなかった)
市川では、「繰り返して!」とw-inds.が言ってくれたので、分かりやすくなってる!!!と思った。
多分他でもそういう声が上がったんだろうね……笑



14・IT'S IN THE STARS

イントロのシュー!って音を聴いた時に、鳥肌がたった〜。
特別に好きという楽曲ではないんですが(…)、SUPER LOVERからのこの曲、っていうのが。
勢いがあって、カッコよかったし、楽しかったです!


ダンスはなしー。で、w-inds.はフリーに動いていたのですが、ファンは
IT'S IN THE STARS♪
フワフワ 宙舞い♪
とかで、手振りをしている人が多くて、感動した。

w-inds.が踊っているわけじゃないのに、振りが揃うって、すごくない?!


大サビの
愛サズニハ イラレナクテ。♪
を、合唱したのも、楽しかったー!



MC



15・FANTASY


事件が起こりました。


曲の途中で、道産子が客席にやってきた!あああああ(混乱)


通路を通って、一番前側の大きな通路まで行き、そこでちょっと歌って、またステージに戻っていくという……。


他のアーティストさんでは珍しくもない演出なのかもしれないけれど!でも!
道産子がこういうことをしたのって、私、見たことがなくて。
なんていうか、想像してなかったし、別段そういう期待もしていなかったというか。

何回も言っているけど、私は席が後ろの方だったので、別段道産子が通路に来たからといって道産子が近くを通ったわけでもないし、むしろ人に埋もれてしまい見えなくなってしまったぐらいだったのですが。笑
それでも興奮するよね……。
というか、心底驚いた。


おかげで道産子が通路に来た以外の記憶がありません。
ついでに言うと、この曲の前後の記憶も曖昧です。(白目)

この曲の
止まり方を知らない yeah!♪
って歌う龍一くんが大好きなので楽しみにしていたはずなんだけど(←そこですか?!という場所ですみません。。)、あんまり覚えてない。がーん
だってそのパートのマジ直後に、客席におりてきたんですもん。。。


お友達いわく、龍一くんは通路の壁?って言うのかな?あそこの上にのぼって立っていたそうです。すごい……!


あ、この曲、はじまりの時、客席みんなで手拍子していたのが楽しかった!



16・LOUD

想像以上にばりばり激しく踊っていて、すごかった!カッコよかった!

この曲、Sweetest Love同様に、歌詞に沿ったダンスが多かったなぁと思った。

手を上から下に、振り上げて、振り落とす、みたいな振りとか。
口の両側に手を置いて、そこから外側に向けて手を広げていく、っていう振りとか。
特に印象的だった!


客席を煽るために、w-inds.の三人がステージの前の方ぎりぎりの所まで出てきてくれて。
涼平くんの煽り方がカッコよかったー!
片膝をついて、手で煽る!みたいな。
おおお!!!って思った。



17・This is the Life

この曲もガツガツと踊っててカッコよかったー!
ライブの前半、わりとゆるめに踊っていたり、フリーに動いて踊っていなかったり、っていうのが多かっただけに。
もうこの辺りの勢いすごすぎて、圧倒される!

そしてこの曲、歌詞もメロディも素敵だな、って改めて。好き!!


曲の最後に、何故かw-inds.が馬跳び!
龍一くんの上に慶太くんが重なって、その上を涼平くんが飛び越えていく!というもの。
斬新な演出で、おぉー!!!と思ったけど、何故馬跳び?! でもカッコいい〜。



18・夢で逢えるのに 〜Sometimes I Cry〜

いきなりなバラード。
ちょっと唐突に思えたのは私だけでしょうか。笑


そして雰囲気作りのためというのは分かるけど、ステージ暗すぎだよ!
慶太くんにはしっかりスポットライトが当たってたけど、道産子のいる場所暗すぎて、ちょう見づらいよ!
シルエットで楽しむ、という意味でだったのかしら……。
でも個人的には、普通に三人の姿を見たかったー。


昨年のツアーで披露した時は、道産子がばらばらに踊っていたんだけど、今年は二人一緒に踊っていて。
二人揃ってこの曲を踊っているのを久々に見ることが出来たので、嬉しかったです。



19・TIME TO GETDOWN

また元のテンションに戻って、激しいダンス!
カッコいい!!

大サビで、中央にまとまって踊っていたダンスが、特にカッコよかったです!
全員で肩組む?みたいな振り。



20・In Love With The Music

ライブを見る前から知っていたけど、激しいダンスが多いこの流れの中でも、特に激しいダンスで、ただただ凄くてカッコよくて、本当にすごかった。

私、この曲のMVがとても好きで、それこそDVDが擦り切れるほどに見まくったのですが、映像で見るよりも生で見る方が、勢いが直接に伝わってくるからか、更に激しいダンスに思えた。
間奏のダンスも含めて、最初から最後までばっちりがっつり踊ってくれた。
本当にカッコよかったーーー。w-inds.が好きすぎる……!!!


最後は、階段の一番上までのぼって、さよならのご挨拶をして、w-inds.ははけていきました。
カッコよかった……。


そういえばインラブのカップリング曲、一曲もやらなかったんですね。



アンコール



21・Special Thanx!


おぉー!!!これまた意外な曲ー!!!
アンコール一曲目でこの曲って、THANKSを思い出さずにはいられない!
Midnight Venusといい、今年はTHANKSをフューチャーするツアーなんですか(←違うと思います)(…)


最初のリズムに合わせて、拍手するのも、懐かしすぎて楽しいやら涙出るやら……。ああぁあ〜……。もはや言葉にならない。。。
w-inds.が眩しいです。
この曲に流れているピースプルな雰囲気が、またヤバイ。好き。

w-inds.に煽られて、大サビの …これを見せたいと思う人がいる♪ をみんなで歌いました。


ちなみにw-inds.は着替えて再登場してきたんですが、三人ともツアーTシャツを着ていました。
龍一くんが、黒。
慶太くんが、イラスト。
涼平くんが、白。(ただしバックプリントはない特別ver.)
を、着ていました。

初日は、龍一くんは涼平くんと同じ白いTシャツだったので、公演ごとに着ているTシャツを変えてくるかもしれませんね!



MC



22・Top of the world


ツアーライブの最後の曲!
最後にぴったりな曲だよね、この曲。
この曲も大好きです。

w-inds.が左右に手を振るのにあわせて、ファンも皆で左右に手を振り。
We say that we are brother♪って、皆で歌ったり。
会場全体の一体感がすごかった。

そして感じる、ライブの終わり……。胸にくるものがありました。


ところで市川ではそういうことはしていなかったんだけど、初日では、龍一くんが最前列のファンからペンライトを強奪しステージ上で振るということをしていて、会場がどよめいていました。笑




以上!
市川(時々、初日。笑)のライブレポでしたー。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

本当に本当に楽しくて、二時間があっという間すぎたライブでした。

特別なお金をかけた演出とかはないんだけど、ライトの使い方とかすごく素敵だったし、何よりw-inds.の圧倒的なパフォーマンスがすごすぎた。選曲も個人的には最高だった〜!

レポ中にもうっすら書いたけど、序盤はゆったりとした踊りだったり、フリーで動いていたりが多くて……
今年はこういう緩い感じでいくライブなのかな?と思っていたら、後半の怒涛のパフォーマンス! 良い意味で裏切られた!
あまりにもカッコよくて、脳が焼けそうなくらいに興奮した!!!
で、アンコールは懐かしい、本当に懐かしくて、心臓の奥の方がきゅんとするような楽曲たちで。。。
この緩急ついた感じ、とても良かったです。

なんていうんだろうね。
色んなw-inds.が見られて、どれも大好きなw-inds.で、カッコよくて。
終わった直後は、まさに胸いっぱい!という感じでした。

Blue Bloodの世界観がすごく詰まったライブだなぁって思ったし、その世界観を私がとても好きだから、というのもあるかもしれない!
あと何回も言いすぎかもしれないけど、ホーン隊がカッコよかった!

次の関西公演も、非常に楽しみです*




さて、最後になりますが、MCのさっくりレポ。(箇条書きですみません)



・最初の挨拶にて。涼平くん。「くるくる回っていた人ですー。赤い髪の人ですー。涼平と言いますー。簡単な名前なので、覚えてください」

・涼平っていう名前、簡単だけどよく間違えられる。主に、混ざる。涼一とか、龍平とか、時々涼太とかも言われる。(←これ聞いて、分かる!と思った。非ファンの人によく間違われるよね…。あと昔の若い子のHNにもそういう子が多かったな、と懐かしい気持ちになった。)

・今年ライブをやった中で、3公演中2公演が千葉だった。Blue Bloodのジャケ写も千葉だったし、Blue Bloodは千葉で構成されています。

・Blue Bloodは録音も千葉でやりました!と、龍一くん。それは嘘、嘘はついちゃいけないよ、とB型組につっこまれていたのが、可愛かったです。

・今年活動15年目。来年が15周年。

・15周年、「どう思ってるんですか?!」と、やたら強め口調で年下組に問い詰め寄られる涼平くん。可愛かった。

・「何があるか分からないから、油断しちゃいけない」と涼平くん。「もしかしたら、明日気管支炎になるかもしれないからね」と慶太くん。縁起でもないこと言わないでーーー。(蘇るSFかなけんの記憶…)

・年々感じる、体力の衰え。

・そこからSFかなけんの話もしていました。道産子がMCで一時間つないだよーって。

・Blue Bloodって、勢いつけて言うと、何かの技名みたいだね、ということで。「ブル〜〜〜ブラッド!!!」と言う龍一くん。技をくらって倒れる!っていう真似を、会場のファン皆にさせて喜んでいました。

・慶太くんが楽屋で一人ミュージカルしてた。それをステージ上でもやって!という話に。嫌がる慶太くん。MCで最初に話が出た時は逃れていたけど、最後のMCで結局やることに。

・丘をこえいこうよ〜♪と1番まるまるステージいっぱい動き回りながら歌う慶太くん。歌い方がまじミュージカルw可愛い…!

・なんか雰囲気違うねーということで、それは楽屋だとマイクがないからだ!という結論に。そのために次はヘッドセットを用意しよう!と、龍一くん。笑

・龍一くんも真似して歌ってたんだけど、そこでおかしな振りというか動きをしていて、慶太くんがそれを見て、「僕のイメージと違う」「そういうの許せないんですよね」って毒吐いてた。

・龍一くんは工事現場をイメージしていた!とのことで。「ドリル!」とか言いながら、変な動きしてた。可愛い!しかも気に入ったのか、最後にはける時もやってたし!

・アンコールでは、B型組がツアーグッズのタオルを首からかけていたんだけど。涼平くんが黒、慶太くんが白を使用。で、「僕が使ってるのはこれです」と言いながら、タオルをファンに紹介。それを見た龍一くんが、タオルを持ってるジェスチャーで「これです」「ちょっと大きいサイズになってますー」って、エア紹介してた。笑

・最後のMCで。昔の曲もたくさんやったね、っていう話に。Midnight VenusはTHANKS収録。スペサンはインスタ収録。と、正答できた龍一くん。「勉強してきました」と、嬉しそうに言っていたのが、可愛かったです。おがぺでぃあ!って言ってた*

・じゃあブギウギ66のカップリングは、何の曲でしょう?!という話に。「Drive-Me-Crazy」と、これまた正答する龍一くん。ファンから拍手を受けていました。

・でもブギウギ66のカップリングはもう一曲ある!何の曲だ!っていう質問で、すぐには出てこなくて。「あー!なんだっけ!あー!あの暗い歌!」と、龍一くん。暗い歌ってwww

・しばらく悩んでたけど、「If...」と正答できていました。

・しかしそれを聞いた涼平くんが、いきなり、もしも君じゃなかったら〜♪ と、いきなりDA PUMPさんのIFを歌い始めて、面白かった!慶太くんが、「違うでしょ!あなた、ダメダメダメダメ!って歌ってないでしょ!」って言ってたのも、面白かったです。
| LIVE 2015 “Blue Blood” | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wishing.jugem.jp/trackback/1234
トラックバック


LINKS



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND

リラックマ時計

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Special Thanx!


「w-inds.ファンのファンによる
 ファンのためのブログリンク集」